妊娠の計画

葉酸は妊婦にとって様々な効果をもたらしてくれる心強い味方です。中でも特に胎児の先天的脳障害の発症リスク低減は重要な効果です。

こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画を立てている女性は、葉酸の効果を十分に発揮するためにも、定期的な葉酸を摂取することがおススメです。
今では、葉酸を簡単に摂れる方法がいくつかあります。
代表的なのは葉酸サプリで、サプリでしたら日々の葉酸摂取が簡単だと思いますから、一番簡単な方法だと言えます。
一般的に、妊娠してから病院が行う栄養指導や、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。
こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明を受けたのではないでしょうか。
レバーは、葉酸を多く含んだ食べ物の代表格です。
または、ほうれん草などの野菜も、葉酸を多く含んだ食品の一つです。
こうした食品を食べることで葉酸を摂取しようとした場合、熱に弱く溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、食材を調理するようにしましょう。
いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養を貰いながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。
この時の成長をサポートするのが葉酸なのです。
葉酸は食品に含まれているほか、葉酸のみを抽出したサプリ等も販売されています。
ですが、この葉酸は単体では吸収率が低下するという特徴があるために、葉酸を含んだ総合サプリの摂取がお勧めです。
でも、様々な成分を含有している総合サプリの中でも、一体どのような成分が必要なのか分からないですよね。
簡単な判別方法としては、粉ミルクの成分を参考に、サプリを選んでみましょう。
少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時にサプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。
彼女はベルタの葉酸サプリが一番良いらしいって教えてくれました。
サプリは妊娠前から摂取すると効果的だって雑誌で読んだことがあったので、彼女に伝えました。
友達には悲しんで欲しくないですし、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなって思います。
冷え性の人は妊娠しにくいと言われています。
冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、排卵障害や子宮の機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。
古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。
血液の循環を良くして自然な代謝を促進し、体全体をリラックスさせる効果があります。
ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。
妊活中は、普段の食生活から摂取できる栄養に注意されている方が多いですよね。
不足しがちな栄養素についてはサプリで補給するが良いと思います。
妊活中において、健康維持と栄養補給を目的としたサプリは、さまざまなものが売られています。
どのようなものがお勧めかと言うと、葉酸が配合されたものが、一番のお勧めです。
葉酸の成分には、女性にとって嬉しい、貧血予防因子が含有されています。
また、胎児の正常な細胞分裂に働きかけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。
他には、意外かもしれませんが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、夫婦どちらに対しても多くの効果が見込めるサプリだという事です。
今、二人子供がいます。
二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、本を買って「産み分け」について学びました。
一人目に男の子を産んでいたので、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。
本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分けにチャレンジしました。
妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって性別が判明するまで期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。
結果は女の子だったので、とても嬉しく思っています。
私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。
妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。
タイミングを見計らって努力しても、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。